FC2ブログ

ものづくり日和 【KOUGI made by 阿部仏壇製作所】

晴れの日雨の日。 カタチあるものないもの。 『日々ものづくり』の精神で綴る悠々日記。
MENU

小さなことからコツコツと。

こんばんは、達洋です。

今日もバタバタとしているうちに時間が過ぎてしまいました。
もうすぐうちのチビ太をお風呂に入れる時間です。

今日の写真jは木の小箱。
うちは少し納期は多めに頂くかもしれませんが、小さなものを小ロットでも承ることができますので、ぜひご相談ください。

メリハリをつけて日々を送れるように、明日もがんばります。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

【 おなまえ積み木 ネットショップ 】

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

TanoMake https://tanomake.com/shops/509

210412_1.jpg
シンプルなものがおすすめです。

210412_2.jpg
小さなものでも基本をしっかりと。

おでかけ日和でもものづくり日和

こんにちは、達洋です。

今日の新潟は快晴。
とても良い天気でおでかけ日和でした。
そんな中でもコツコツとお仕事をさせて頂きました。

来週も気持ちよくお仕事を始められるように土日は攻めます。
妻が子供と買ってきてくれたお菓子を食べることを楽しみにがんばります。

明日も爽やかな一日になりますように。

吉田 達洋
阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

【 おなまえ積み木 ネットショップ 】

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

TanoMake https://tanomake.com/shops/509

210410_1.jpg
子供が生まれる前の妻は毎日せっせと積み木を研いでいました。

プレゼント企画の撮影中

こんばんは、達洋です。

今日は近日中に控えているプレゼント企画の撮影を致しました。
妻がわが子を抱えながらがんばってくれました。

たくさんの方に伝わるように、試行錯誤しております。

KOUGIのおなまえ積み木の良さを伝えたい。

自社製品もわが子のようなものです。
長い時間をかけて開発しましたので、大切に育てていきたいと思っております。


吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

【 おなまえ積み木 ネットショップ 】

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI


210403_1.jpg
今日の新潟はとても天気が良く、写真が明るくなりました。

もったいない精神

こんばんは、達洋です。

今日は月末ということで、午前は納品、午後はゴミ等の整理整頓とバタバタしておりました。
暖かくなってきたので後輩君のストーブ掃除のお手伝いもして少しスッキリしました。

整理するべきはゴミばかりではなく、1年間ものづくりをしているとたくさんの木の端材が出ます。
上手に使って出来るだけ消費し、どうしても余ったものは冬にストーブの薪にします。

私はおばあちゃん子なのですが、この仕事をして尚更当時教えてもらった『もったいない精神』の大切さを感じます。
大変な仕事だったけどいいお天気だったので清々しい気持ちになりました。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

【 おなまえ積み木 ネットショップ 】

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

210331_1.jpg
新潟県産ブナ材(スノービーチ)の端材。 どうにか活かさねば。

様々な木取り

こんばんは、達洋です。

弊社では小さなものを製作することが多いですが、全て最初の工程は大きな材料から始まり、場合によっては大量の木材を捌きます。
選んで、削って、切って、をくり返すことからスタート。

一つだけ作るということはほとんどありませんから、結構な数を加工します。
完成品は小さかったり可愛かったりするのですが、実はけっこうな体力仕事です。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

【 おなまえ積み木 ネットショップ 】

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

210326_1.jpg
まずは選ぶことから。

210326_2.jpg
さらに細かく振り分け。

210326_3.jpg
少しずつ精密になっていきます。

感謝の気持ちに励まされ

おはようございます、達洋です。

かわいい製品づくりの裏では大変な作業があります。
重かったり痛かったり危険だったり。
けれども喜びのお声を聞く度に、その苦労が報われます。

ありがたいことに、毎日のように感謝のお言葉を頂き励まされております。
今日も汗をかきかき、励みます。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

210320_1.jpg
長い木材をザクザクと切っていきます。 写真は積み木に使うヒノキです。

210320_2.jpg
そのころ自宅では、親子会議中。

私の幼少期と父

おはようございます、達洋です。

先日TV取材があり、写真アルバムを整理する機会をいただきました。
父との写真ということで見つけた幼少期の私と父。

まだお座りもうまくできない我が子も近い未来にこんなふうになるのだろうか。
なんだか嬉しいような寂しいような。。

ところでこの田園風景は、どこ??

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com

KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

minne https://minne.com/@kougi

Creema https://www.creema.jp/c/KOUGI

210319_1.jpg
亡き父もこのころは若かった。

200319_2.jpg
もうすぐお座りできるかな?

新年のご挨拶 2021年

こんばんは、達洋です。
弊社も無事に2021年の元旦を迎えました。
午前中は丸々雪かきからのスタートとなり、のっけから体がガタガタです。。

昨年はコロナウイルスの影響でネガティブな話題が多く見受けられましたが、弊社は予定通りの成績に終わりました。
今後、どのような形で仕事に影響を及ぼすのか心配ですが、対策をしながらも日々コツコツと仕事をこなしていこうと思います。

毎度のことですが、本当に慌ただしい1年間でした。
様々な変化があり、その度に対応してきました。
人間の適応能力はすごいと改めて感じた1年でもありました。

210101_1.jpg

個人的には家族が一人増え、私生活でも日々大きな幸せを感じています。

210101_2.jpg

会社は日々成長することが出来たと思っていますし、常に良い変化をもたらすために小さな工夫を繰り返していますので次の1年も変化の大きい一年になると思います。
吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、小さな我が子の速い成長に負けないように会社も成長させていきたいと思っています。
うちで働いてくださる方々や、関わってくださる方々、道具や建物に感謝をし新年の挨拶に代えさせて頂きます。

皆様にとっても変化の多い1年だったと思いますが、次の一年は少しでもより良い年だったと感じられますように心より願っております。

吉田 達洋


阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

NST 八千代コースター 記念撮影

こんばんは、達洋です。

今日は以前に取り上げて頂いたNST「八千代コースター」の取材の際に撮影したお写真を記念にアップいたします。

様々な方面からご注目頂き大変ありがたいです。

多くのことに取り組んでいるので大変なこともございますが、それぞれに必要とする方々に届くようにこれからも活動に励んでいこうと思います。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

200510_1.jpg
記念にパシャリ。

「新潟よみうり」にご掲載頂きました。

こんにちは、達洋です。

今日は以前にご掲載頂いた『にいがた読売』様の記事をアップいたします。
バタバタした時期が長かったのでようやく投稿できました。

ご覧いただけたらありがたいです。

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

200508_1.jpg
今回は当社『おなまえ積み木』にスポットを当てて頂きました。

2020年 迎春

おはようございます、達洋です。

新年あけましておめでとうございます。
本日より、通常営業を開始いたします。
とはいえ、お仕事のからみでほとんど会社にいることは出来ずもどかしくもあります。

2020年は現在の体制になって初めてのスタートになります。
人員が変わり、製造量はやや減る傾向にありますが製造効率を整え改善します。
事務・発送作業はパートさんが加わり強化しました。

毎年のことながら新たな不安のあるスタートですが、これまで何とか乗り切ってきましたので、きっとやり遂げられるでしょう。
全ては自分次第、そして信頼するチーム力にかかっています。

無理なことを無理せず可能なことを広げ、近い視点と遠い視点を持ちながら日々を続けたいと思っています。

今年も 『ものづくりを通じて感謝の思いをつなぐ』 弊社理念に沿い進んで参ります。

2020年も何卒よろしくお願い申し上げます。

吉田 達洋


阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/


200106_1.jpg
2020年 賀正

2019年 感謝

こんばんは、達洋です。

駆け抜けた2019年も昨日で通常業務を終え、冬季休業に入りました。
製造メインの仕事をしていると、完成し納めたら次、また納めたら次と、頭を切り替えていきます。
ですので、この一年何を考え何を作ったのか記憶が薄れていきます。

こうした休息のタイミングで振り返ると、本当に多くの方から様々なご依頼を頂いたのだと自身で驚きます。
それと同時に『ものづくり』で商いをやらせてもらっていることに感謝の気持ちが湧いてきます。

弊社にご相談に来られるお客様は『なんでもいい』という方は少なく、それなりに物に対して思いやこだわりを持って来られます。

その気持ちにどこまでお応えできたのか、最善を尽くせたのか、不安になることもありますが感謝のお言葉を頂く度に安堵いたします。

11月は大先輩の社員さんが引退されたこともあり、年末は特に皆一丸となってがんばりました。
皆、本当に良くやってくれたと思っています。

人員不足で納期に余裕があるわけではありませんが、来年も行き当たりばったりしながらもチームワークで乗り越えていけると信じています。
社員さんお客様も含め、人に恵まれていることが弊社の一番の魅力だと思っています。

この一年、乗り越えられたことに感謝。
少しずつですが、会社は一歩ずつ成長しております。

皆様が良い年越しを迎えられるように願っております。
2019年も心よりありがとうございました。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http:/eee/kougi.cart.fc2.com/

191228_1.jpg
大先輩のいない初めての大掃除。 先輩のマインドを引き継ぎ、材料を整えマシンも床も全て綺麗にしました。
毎日がんばってくれている道具にも、心から感謝です。

2018年、感謝。

こんばんは、達洋です。

昨日で2018年の仕事納めをさせて頂きました。
毎年のことではありますが、今年も当社では様々な変化があり多くのお仕事を任せて頂きました。

新人さんもこの1年で大きく成長し、得た技術を存分に発揮してくれました。
いくつも課題を乗り越え達成してきましたが、その分新たな課題は山積みになっております。

小さな会社ならではのチームワークで相乗効果を生み、一つ一つ着実に解決していける1年になるように来年は過ごしていきたいと思っております。

今年もお世話になった皆様への感謝の気持ちを大切にし、締めさせて頂きます。

私共と関わってくださった皆様、2018年も本当にありがとうございました。


吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

181229_1.jpg
今年も頑張ってくれた工場と道具を清掃しました。

【両手に乗るサイズ】新しい手元供養の形「ねんりん」に込めた仏壇職人の3つの想い。

nenrintopgazo.jpg 

みなさまは「ミニ仏壇」「手元供養」という言葉を聞いたことがありますか。




・亡くなった家族をいつも身近に感じていたい


・次男次女なので仏壇を置く予定はないが故人を偲びたい



そんな方々に選ばれている、新しい祈りの形です。

ここ数年で大都市圏を中心に広まり、大阪や東京では専門店もオープンしています。



最近では「インテリアに馴染まない」「スペースがない」といった理由で仏壇を置かない方も増えています。


しかし、大切な家族を想う気持ちは今も昔も変わらないはず。

仏壇製造の会社として70年、みなさまの祈りの空間と向き合ってきた私たちが提案する、新しい手元供養の形が

「nenrin(ねんりん)」です。



この記事では、仏壇職人の私たちが「ねんりん」に込めた3つの想いについてお伝えします。





(1)"仏壇職人だから作れるもの"を提供

P1010448.jpg


私たちの会社「阿部仏壇製作所」は仏壇を作る会社です。


仏壇製作は、木地、塗り、装飾など工程が細かく分かれています。

「木地」は仏壇の形を作る重要なパート。木を加工する高度な技術が必要です。



P1010437.jpg


創業70年、木と向き合ってきた私たちが作る「ねんりん」。

シンプルな見た目ですが、実際に触ると”深み””重み”を感じていただけます。



単なる写真立て、木の台ではなく、「故人と向き合う空間」としての製品作りは、仏壇を生業とする私たちだからできることだと考えています。






(2)陽のひかりに合うデザイン

nenrintopgazo.jpg

従来の仏壇は暗い仏間に閉じ込められていることがほとんどでした。

そのため、仏壇に対して暗く陰のある印象をお持ちの方も多いのではないでしょうか。



「仏壇の暗いイメージを払拭し、光の当たる場所を”祈りの空間”にしてもらいたい」


私たちはそう考え、玄関先や出窓など他人様の目に付き光が当たった時に美しくみえるデザイン”を追求しました。


大切な家族に手を合わせるのは挨拶と同じこと。

日の当たるあたたかいスペースで、大切な人を身近に感じていただければ幸いです。





(3)主役は「想い」

P1010465.jpg


装飾をつけず、極力シンプルにすることで、遺された方の「故人への想い」が主役になるよう努めました。


遺影を飾ったり、好物をお供えしたり、おりんを置いたり。使い方は自由です。






◇最後に

P1010459.jpg

これまで「ねんりん」をお求めいただいた方の一例を紹介します。



・介護施設に入所し自宅の仏壇に手を合わせられなくなったため、小さな仏壇が欲しかった


・お嫁に行って自分の先祖が入ったお仏壇に手を合わせられないので、代わりになるものを探していた


・元々仏壇はなく家族の遺影だけ飾っていたが、きちんと手を合わせられる空間を用意したくなった



一人ひとりの想いに合わせた祈りの場を提供できるのも「ねんりん」の特徴。

ご先祖様や家族を想い心やすらぐ空間としてご愛用いただければ幸いです。




→ねんりんの詳細ページもぜひご覧ください。




時代の流れで日本人の死生観も変化しています。

「終活」「家族葬」などの言葉が身近になり、供養する側の感覚も変わってきました。



私たちは今後も、仏壇製造元という独自の立場から、みなさまの「想い」に寄り添う製品を提供してまいります。





【出産祝いに人気急上昇】なぜ「おなまえ積み木」がベビーギフトで選ばれるのか。開発に6年かけた職人のこだわりを全て伝えます。

dd18e32328d473daa4c1e68ea55690592f2ebfb6.jpeg 


出産祝い・ベビーギフトとして人気急上昇中の弊社製品、
「おなまえ積み木」
ハンドメイドのものや少し変わったものを贈りたい方に選ばれている、赤ちゃんのための積み木です。 

ハンドメイド製品販売サイトminne(ミンネ)ではベビー・キッズ部門・月間2位(2018年10月)にランクイン。


ご注文いただいたみなさまから、
「今まで貰ったお祝いの中で一番嬉しかった!と喜ばれました」
「贈り物に注文したが、自分の子ども用も欲しくなった」
などのありがたいコメントを頂戴しています。


 今回のブログでは
 ・おなまえ積み木がどれほどの人気なのか 
・なぜ仏壇の会社が積み木を作るのか 
・開発に6年かけたこだわりのポイント 
 についてまとめました。 


 出産祝いで迷っている方や赤ちゃんのための積み木をお探しの方は、ぜひ最後までお読みください。
 



◇1ヶ月で200セット販売の人気ぶり

66fa971ffb787321dbf2df2d9f605bbf121617d0.jpeg 

おなまえ積み木の販売が本格スタートしたのは、2018年夏、ごく最近です。 
製品自体は2年前から存在しており、はじめは知人からの個人的な依頼が中心でした。
徐々に評判が拡がり、全国から注文をいただくように。
 

その後はネット販売を中心に、のべ1,000セット以上を販売。
 
2018年9月は200セット、10月も230セット以上のご注文をいただきました。 


minneでは販売開始2ヶ月目にして「ベビー・キッズカテゴリ月間ランキング2位」とご好評いただいております。 
みなさまから必要とされる製品をお届けでき、社員一同大変嬉しく思っています。



◇なぜ仏壇の会社が積み木なのか

640外観 

私たち「阿部仏壇製作所」は昭和24年創業の仏壇の会社です。
お仏壇は木地、塗り、組み立てなど工程が細かく分かれています。私たちはそれらの大半を自社でおこなってきました。



 ”培ってきた仏壇製造の技術を駆使し、
 毎日の暮らしの中で人々を笑顔にしたい。” 


その想いから誕生したオリジナル雑貨ブランドが「KOUGI」です。

KOUGI全体 

KOUGIでは、はしおき、ティッシュケースなどの日用雑貨を開発。
たくさんの方に木の温もりをお届けするなかで、お客さまからこんなリクエストをいただきました。
  
「1歳の男の子の誕生日に、名前入りのつみきをプレゼントしたい」

私にとっては初めてのおもちゃづくりです。 

試行錯誤しながら完成したものがこちら。 

640初代つみき 

これがおなまえ積み木の記念すべき第一号。
※現在はこちらの仕様は製作しておりません。
さまざまな種類の木を合わせてツートンカラーに仕上げました。

初代積み木2 
木の種類、大きさ、角の丸みなど、現在と違う点がいくつかあります。

完成当時のブログ記事もございます。(2012年1月25日)




◇たどり着いた5つのこだわり

アルファベット面取り中 

第一号から、さらに改良や微修正を続け、現在の製品に至ります。
6年間積み重ねてきた改良点こそ、私たちのこだわりです。
おなまえ積み木に込めた想いやこだわりについて詳しくお伝えします。 



1.少人数だからこそ「量産できないもの」を 

作業中 

 アルファベットの積み木も丸や四角の積み木も、1つずつ手作業で製作。 
これらの工程すべてを自分たちの手で進めるのは、量産体制が整った大きな企業では成しえません。

赤ちゃんの大切なお名前を職人が1文字ずつ丁寧に作る。従業員5人の会社だからできることです。



 2.使用する木材は国産ヒノキ

円柱大集合 

試作を重ねた結果、材料はヒノキ一種類に絞りました。
ヒノキは耐久性が高く、程良い硬さなので小さな赤ちゃんが遊ぶのにぴったり。 
箱を開けた時にふわっと漂う甘い香りもみなさまに喜ばれています。 




 3.オリジナルのフォント

25ca6fd04d068b3c19576b176a78f47c8dbea4c2.jpeg 

赤ちゃんのお名前に使うアルファベットのフォントも私たちのオリジナルです。 
積み上げたときに文字が転ばないように修正を加え、現在の形になりました。 

販売開始後も細かい点を改良しながら製作しています。 




4.赤ちゃんの安心・安全を第一に

やすり中 

手作業で1つずつ角をとり、触れたときの安心感や心地よさを大切にしました。 
角だけでなく木の表面も細かくチェック。 

粗い部分やささくれの部分がないか細心の注意を払っています。
 
赤ちゃんが口に入れても大丈夫なように、積み木の表面には植物性の天然亜麻仁油を使っています。
 



5.贈る方にも安心感を 

積み木_レイアウト 

出産祝い、ベビーギフトとしての用途が多い製品ですので、ギフト包装した状態でお送りすることがほとんど。
私たちは贈る方にも安心していただくため、注文いただいた時点でレイアウト案をお送りしてから製作に入ります。(完成後の写真もご注文者様にお送りしています。) 


wrappingbag.jpeg 
 
ギフト包装して発送する製品にはKOUGIの紙袋もお付けしています。 
この袋も大変喜んでいただいております。




◇最後に

fde8e05c2d46c51d7693d15cd0f342e9d8fbe40d.jpeg 

ここまでお読みいただきありがとうございました。
 

仏壇職人の技術力、名前の積み木という特別感、1つずつ手作業で作られた安心感。 

私たちにしか作れない製品を通じて多くの方に喜んでいただきたい、その一心で製作しております。 



製品としてみなさまのもとに届けるまで6年。 
私達のこだわりがつまった「おなまえ積み木」を出産祝いやベビーギフトとしてご検討いただければ幸いです。 



これからも社員一同、みなさまを笑顔にできる「ものづくり」と向き合ってまいります。

引き続き、よろしくお願いいたします。

倉庫のリフォーム

こんばんは、達洋です。

現在、倉庫のリフォームをしているので経過のご報告をさせて頂きます。

施工においては、技術と信頼ある畑山建築様に託しました。
1級建築士の資格を持ち図面を引くことだけではなく、ノミと鉋を手入れしながら伝統的な継ぎ手を当然の様に加工する大先輩です。

事情により当社の加工設備をご使用頂いておりますが、日々職人として学ぶことが多く感謝の時間となっております。


吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

181116_1.jpg
工事が始まったばかりの倉庫。

181116_2.jpg
鉄骨を活かした鮮やかな設計。

181116_3.jpg
何も無かったむき出しの倉庫。

181116_4.jpg
妻の香那子が手塗りをした、思いでの水色スペース。

181116_5.jpg
古い階段。

181116_6.jpg
足場をしっかりと組み、上から下まで綺麗にしてもらっています。

恒例の大形小学校3年生による体験実習。

こんばんは、達洋です。

先日、毎年恒例になります大形小学校3年生の体験実習を実施致しましたのでお知らせ致します。

実習体験としてはヒノキのカンナ削り体験をしてもらい、講話では私が現職に至るまでをお話しさせてもらいました。
質疑応答が多く、男の子も女の子もとても積極的に質問してくれて「かわいい」という一言に尽きました。

好奇心旺盛な子に応えたくなる気持ちは年齢によることも多いのかもしれません。
ひたすらに走って気付けば37才。
シンプルではありますが、これからも私が正しいと思うことを続けていける会社を目指します。

吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

181114_1.jpg
カンナの手ざわりとヒノキの香りに感動してくれました。

181114_2.jpg
みんな真面目な顔でちゃんと聞いてくれました。

181114_3.jpg
地域の方のお手伝いも頂き、子供たちはとても喜んでくれました。

181114_4.jpg
木に触れることを自然に感じてくれた嬉しいひとときになりました。

NIIGATA in 10 に出展致しました。

こんばんは、達洋です。

事後報告になりますが、NIIGATA in 10のイベントに出店致しました。
現在は自社製品のご注文が集中しているため出店活動は控えておりますが、とても勉強になる出展でしたので甲斐がありました。

今後も弊社がご提供できるサービスを本当に必要としてくださる方々を第一優先に『ものづくり』に励みます。


吉田 達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

181007_1.jpg
写真は十日町クロステンに飾られている巨大な吊し雛です。

2018年、お盆。

こんばんは、達洋です。

お盆は妻の実家がある京都に帰省し、墓参りと東本願寺へのお参りをしました。
恒例ではありますが、とてもお盆らしい時間を過ごさせて頂きました。

私事ではありますが、8/15終戦記念日は私の誕生日でもあり、とても穏やかな時間の中で1つ年をとりました。
これからもよりいっそうより良いものづくりに励み、木のものづくりを通じて感謝の想いを繋ぐお仕事をさせて頂きたいと思っております。
本願寺にて写真を撮りましたので、掲載致します。

吉田達洋

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

180816_1.jpg
門前の噴水、夏らしい1枚。

180816_2.jpg
相変わらず素晴らしい建物でした。
外国の方が皆感動しておりました。

新潟県クラフトマンクラブ2018総会

こんばんは、達洋です。
この度、2018年新潟県クラフトマンクラブ総会が行われましたのでご報告致します。

いつもは事務局のあるNICOが会場になることが多いのですが、今回は会員の仕事場にスポットを当てたいと言うことで柏崎になりました。

阿部仏壇製作所 http://kougi-butsudan.com
KOUGI 木の手作り雑貨 http://kougi.cart.fc2.com/

180623_1.jpg
素晴らしいロケーションでした。 新潟という田舎ながらも中心で育った私にとっては癒しの時となりました。

180623_2.jpg
夕日の時間。 多くの人が目に焼き付けていました。

180623_3.jpg
懇親会の翌日、会員のクラフト・ユーさんの工房へ。 基本の技術を大切にする姿勢に匠の職人技を見ました。

180623_4.jpg
同じく会員の恒炎窯様。 アトリエには多くの作品が並んでおりました。 目移りしてしまいます。 

180623_5.jpg
ご自身で7年掛けて作った釜を見せて頂きました。
ものづくりへのこだわりを隅々まで感じました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。