FC2ブログ

ものづくり日和 【KOUGI made by (有) 阿部仏壇製作所】

晴れの日雨の日。 カタチあるものないもの。 『日々ものづくり』の精神で綴る悠々日記。
MENU

大切な道具④

こんばんは、弟です。
ブログを始めてまだ1週間も経っていないのに、たくさんの方が読んでくださっているようで、とても嬉しいです輦烈

調べたわけではありませんが、御仏壇の職人がブログをやるというのは、珍しいことだと思いますので、普段ではなかなか見れない物が見れたり、新しい発見があったりすると思います裂
そんな内容に関心をもっていただけたら、とてもありがたいです。

さて、今日は木地の道具『ノミ』をご紹介します。
一見シンプルな形ですが、これがかなりの働き者です。
薄く削ったり、粗く削ったり、木地を割ったり、穴を開けたり…。鉋と同じく『鋼(ハガネ)』が切れ味の決め手ですが、鉋ではできない繊細な部分も思い通りの形にすることができます。
私と師匠は鉛筆の芯もノミで削ります。(ちなみに鉛筆は基本的に2Hです)
幅の広さにも多数種類があり、それによって使う箇所が違います。
鉋の刃ほどではないのですが、ノミは幅が狭い物ほど研ぐのが困難です。
正確に言うと、早く研ぎあがるのですが、まっすぐ切れ味の良い勾配(斜面)にすることが難しいのです。
刃物の研ぎにはコツがあります。
それは刃物(用途)によっても様々なのですが、基本的に砥石に刃を当て、角度を決めたら平行に往復して研がなければなりません。
刃が狭いノミは安定感がないので左右上下に転んでしまい、斜面が丸くなってしまうのです。
こうなると木地に向けて突いた時にキレが悪く、突き跡もその分粗くなります。

木地師の修行はまず最初に道具を維持できるかどうかです。
そして御仏壇に関してはお店に売ってない道具が数多くあります。
それはどうするか。
そう、自分で作るしかありません。
木地を作る前に道具を作ることが先なのです。

…気が遠くなりますよね秊怜

気持ちはいつも人の3倍努力しようと思っているのですが、やはり体は一つ。
何かの才能に長けている人間ではないので、空回りが多いです聯笑

それでもお客様をはじめ、家族や職人のみなさんに支えられてなんとか毎日を過ごすことができています。

この仕事を続ける限り、一生高級車も乗れませんし豪邸に住むこともできませんが、私はこの環境で好きな仕事ができて、とても恵まれていると感じています。

…道具の話だったのに、ついつい長くなってしまいました寧
悪いクセです。
どうか懲りずに見てやってください秊嶺

それにくらべ兄の投稿は…短い。
見習います(笑

それではまた明日、お会いしましょう(^^)ノ

...弟より

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


nomi
使い込まれて短くなったノミたち。

良い一日

只今、帰ってきました。兄です。

今、夕飯を食べ、後は風呂に入って寝るだけです。

日々、嬉しい事、辛いこと、色々あります。(あたりまえですよねぇ。)でも、今日は嬉しい事しかない
良い日でした。

お客様に期待されている分、頑張らなければ。

外の仕事、中の仕事、また明日、どんなことがあるのか?
職人仕事は水物。楽しみにしつつ
体を癒しに風呂に入ってきます。

あぁ、風呂上りの発泡酒輦(ビールではないことが泣き) が楽しみです。


阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm

帰ってきました。

只今、会社に戻ってきました。兄です。
いろんなお客様のお宅におじゃまさせて頂きましたが
皆様に本当に親切にしていただいて嬉しい限りです。

なにしろこの業界の中では33歳とかなりの若輩者。
お客様に信用していただくのに、いつも緊張します。


私が外に出ている間ポンさんが仕事を進めて
くれました。感謝。

これから私も作業を進めます。待っていろ!!ポン。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


togi1
左が3回塗った物を研いだもの。
右が塗る前に研いだもの。






toukouza2
穴や割れ跡を塞いだのでこれから研ぎます。

木取り場

こんにちは。弟です。
今日は兄が外出中ですので、私から一言。

今日の写真は『木取り場』です。
各種材木がズラリと並んでおります。

当社は数十年前、木地師だけでも10名近くいたそうで、その頃はこの5倍以上材料があったそうです。
今そんなにあったら、スペースとりすぎて動きづらいですが…

一度に丸太をトラックいっぱいに買い付けていたそうなので、丸太をさばいて干すだけでも、丸一日がかりの仕事だったはずです。

何ともダイナミック秊怜

2枚目の写真は今お洗濯させてもらっているお仏壇の木地の一部、修復前と後です。
100年以上…かなりの年代物のため、傷んでいる箇所が多く、半分以上木地を取り替えなければなりません。
ただ、お仏壇とは特別な思い入れがある製品ですので、できるだけ元の材料のいい部分を使いたいのですが、葛藤中です。
当時の技術は素晴らしい。
あくまで予測ですが、このお仏壇は『御仏壇:の木地師』ではなく、当時(明治あたり)の大工か宮大工が作った物ではないかと思います。
電気式の丸ノコギリがなかった時代に、よくやったものだと、感心いたします。
私は修行のために、最初は経験として機械を全く使わずにお仏壇の木地を作りました。
冬でも一日中汗ダラダラになるほど、大変な作業でした蓮

いつまでも初心を忘れず、仕事に打ち込んでいかなければと思っております。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


kidoriba
松、秋田杉、ヒバ、ヒノキ、ナラ、タモ…


kizinaosi
木地から美しく。

該当の記事は見つかりませんでした。