FC2ブログ

ものづくり日和 【KOUGI made by (有) 阿部仏壇製作所】

晴れの日雨の日。 カタチあるものないもの。 『日々ものづくり』の精神で綴る悠々日記。
MENU

遠回り

兄です。

土曜日ぶりの投稿になります。

その間も、仕事してました。

たった一箇所の失敗で泣きそうになりながら
その部分を直していました。

悔しい。

その一言に尽きます。

一つの失敗により他の作業が遅れてきます。

直すのに2度3度塗り重ねなくてはなりません。

品物にとっては強度が増すので良いのですが・・・。

なんにせよ、納得できるまで
頑張ります

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


nurinaosi1
こんな時こそ集中…







nurinaosi2

晴れの月曜

こんにちは。
弟です。

昨日とは打って変わって、快晴

外はこんなに良い天気なのに、兄は最近バテ気味です。
やはり、半日休みをとっただけではなかなか体力は戻らないようです。

もう少しで秋も本番。
秋は私が一番好きな季節です。
まず、気候が過ごしやすいこと。
紅葉が美しいこと。
そして、食べ物が美味しいこと。
秋のサンマ…
美味しいですよね烈
七輪で焼いて、大根おろしをのせて食べたいです。

秋を気持ちよく過ごせるように、夏の疲れは今のうちに回復させましょう。

昨日と同じ場所から撮った写真を載せます。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


michi

宝探し

こんばんは。
弟です。

今日は結局一日中雨がシトシト降っていました。
雨が降ると兄の表情が曇ります。
漆は湿気に左右されるので、湿度の多い天候だと不安になるのだそうです。

話は変わって、当社の隣は昔からお世話になっている材木屋さんがあります。
御仏壇に使う木地のほとんどをそこで割ってもらっているのですが、その材木屋さんは私が気になった材木をいつも無料でゆずってくれます。
もちろん大量ではないですが、とても親切にしてくださいます。

私は一度気になると止まらない性格なので、詳しい方に対しては質問を繰り返してしまいます。
そうすると最終的に、「持って帰って自分でいじってみな」と言われるのです。

こうして、いつも先輩方には大変なご迷惑をかけているわけです秊嶺

私は恵まれています。
先輩方は皆、私を自由に、思うように学ばせてくれます。
ある意味あきれられているのかもしれませんが怜

と言うわけで、頂いた材料コレクションの一部を載せます。

材料は割らなければ中身の価値が分かりません。
まるで宝探しのようです。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


zairyoukore
さて、何を作ろう…

雨の日曜

こんにちは、弟です。
今日の新潟は朝からずっと雨模様。

なぜか雨が降ると集中力が増すのは、小さな頃からです。
雨音が好きなのです。

ですから今日は腰を据えて、自分のペースでゆっくり仕事に励みたいと思います。

雨の日はなかなかお客様はいらっしゃいませんよね。
いつか『ホームページ見ました』と言ってお客様が来てくだされば嬉しいなぁと思います。

先程、会社の入り口から撮った写真を載せます。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


ame1
ザァァと音がしています。







ame2

釘の形状

こんばんは。
弟です。

私は今日、一日お休みをいただいて、ある武家屋敷に行って来ました。
そこは典型的な中級武家住宅だと言うことで、興味がありました。

私の見たところ、古い箇所はたくさんあるのですが、所々今の技術で改装された部分もあるようで、今と昔が入れ混じったなんとも違和感のある屋敷でした。

そこで得たことの一つ。
釘の形状です。

私共は御仏壇を見る時に、いつ頃作られたのか、おおよその見当を付けます。
木地の作り、塗りの仕上げ方などを目安にしています。

今日行った武家屋敷で、初めて釘の年式を知りました。
私が今まで『100年以前』と思っていた釘の形状が、実は『200年以前』だったのです。
ちょうどつい最近木地を直した物も、その釘が使われていました。
当時は釘を量産できる技術がなく、一つ一つ職人が鉄をたたいて作っていたので、独特な形状をしています。
御仏壇を見るときの目安が、また一つ増えました。

これを期に、歴史的な建造物をもっと見たいという気持ちが強くなりました。
正直、今はまだ会社のことで頭がいっぱいですが、時間ができたら、まずは身近な地元のことを知っていきたいと思います。

私は職人として、まだまだ経験不足。勉強不足です。
先生や師匠、お寺様や書籍から教えてもらったこと。
それも大切ですが、今私の中にある知識は結局人を通して人任せに得た物。

少しずつ、自分の目と手で確認して得られるようにしていきたいと思います。

今日は写真はありません。
長文で失礼します。
また明日、明日のことをお話ししたいと思います。

それでは、また(^^)ノ

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm

やっと終わった札50枚。

兄です。

やっと終わりました。

札50枚。

精神的に全く同じ作業が続くと
参ってしまいます。

一枚一枚はそんなに難しい作業ではないのだけれど・・・疲れました。

色んな意味で。


また明日から別の行程に入ります。

そのことはまた月曜日位に
お話しできると思います。

何しろ少し疲れたので、風呂に入って
テレビを見ながらいつの間にか
寝ていたいと思います。

それでは。おやすみなさいませ。


fuda50

頑張りました。
阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


もうすぐ木地が仕上がります。

こんにちは、弟です。
今日の新潟は曇り。
作業するにはちょうどいい気温です。

只今、お洗濯させていただいているお仏壇の木地が仕上がり間近です。
所々仕様を良くさせていただきました。

これが済めば後は兄の仕事。
部品が増えたので時間はかかりますが、あとは兄のセンスに任せます。

物を作るというのは完成の喜びが大きい分、不安なことでもあります。
なぜなら、お客様はたとえ完成図をお見せしても、完成した実物を想像することまではできません。

御納得していただけるかどうか、いつも不安です。
そのためには何より信頼していただくこと。
これに尽きます。

これからも自分たちの仕事に対する考えと感覚を信じ、お客様に信頼していただける会社になるよう心がけて参ります。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


200kizi
完成が楽しみです。

窓の外 秋を知らせる 鈴虫よ

こんばんは。
弟です。

冒頭からひねりのない俳句で失礼しました怜
今自宅に帰ってきました。
外では鈴虫が鳴いています。
暦の上ではもう秋。
夜は過ごしやすいのですが、昼間もう少し涼しくなればと願っています。

一時的に涼しくなったのに、また夏っぽくなってきましたね
しかし寒いのも苦手です(笑

さて、今私はホームページを更新しようと考え中。
『お洗濯』と『仏具』のページを追加したいのです。
少し調べさせてもらいましたが、なかなかお洗濯や仏具のことを詳しく説明しているページがありません。

他でやっていないことは私がやる。
そんな意気込みで、できれば今月末あたりにでもアップできれば良いんですけどね。
その際はここでお知らせするので、是非ご覧になってください秊

部屋に戻ると、自分が木地師なのかパソコン専門なのか分からなくなります。
なにせ、名刺や当社のあらゆるデータ集計。自社紹介の紙からホームページに至るまでパソコンを使う仕事は全て私がやっております。

私の性分上、自分でやらなければ気が済まない性格というのもあるのですが、不思議な御仏壇屋ですよね秊怜

今日は大して内容が無くてすみません殮
兄に写真を撮られたので載せます。
ただ材料にノリを塗っていただけなのですが…
もっと格好の良い場面を撮ってほしかったです(笑

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


nori
竹の切れ端で
ノリを塗っていました。

『本空殿 大屋根下面本研ぎ』

兄です。

さらに『本空殿 大屋根上面完成!!』の
続きです。

下面の最後の研ぎです。

下面も上面同様、何回もサビ、研ぎ、塗りを
繰り返し、次で決めたいと思っています。

失敗すると、また研がなければなりません。

きちんと綺麗に塗れることを祈りつつ
単文ではありますが失礼します。

仕事に戻ります。

ooyane2

『本空殿 大屋根上面完成!!』

兄です。

昨日のご報告どうり
『本空殿 大屋根上面完成!!』です。

『上に上げてしまえば、わからなくなるよ。』
と言う人達の意見を無視し
下地を合わせれば6回から7回(もう何回塗り、サビをして研いだか覚えていません。)
重ねて塗り、ようやくなんとか
納得出来るまでになりました。

何百年も経っているせいでかなり漆や下地がはげてきて本当に泣きそうになりながら
サビをしました。

『これで完成!!』と思っても
次から次ぎへと割れたり浮いたり・・

あっ、!!愚痴になってますね。

それだけ、お洗濯とは取りかからないと
何が起きるかわからない!!

と言うことで。仕事にかかります。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


ooyaneue
たぶん当時の新品の時よりも
きれいです。

明日は必ず。。。!!

兄でございます。

今日の新潟は晴れのち曇り。
午後は比較的過ごしやすく
涼しい風があけっぱなしの事務所の窓から
優しく吹き、心地よいです。


本当は『本空殿 大屋根上面完成!!』と
題打って写真を掲載しようと思っていたのですが
弟がデジカメを忘れてしまい撮ることが出来ませんでした。   無念。

なので明日、『本空殿 大屋根上面完成!!』と
題打ってブログしたいと思います。

すいません。

代わりといっては何ですが、過去、本空殿の
写真を載せた時に載せなかったもう一枚の写真をアップしたいと思います。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


honku3
美しく仕上がりました。

鋭い刃。

こんにちは。
弟です。

今日も相変わらず蒸し暑いですね。
数日前、一時期肌寒い日があって「あぁ、もう秋がきたなぁ…」と思っていたのも束の間。
またこの暑さがぶり返すとは蓮
新潟は湿度が高い。
他県から新潟に来る方はこの蒸し暑さに参ってしまうそうです怜

さて、今日は『トメ切り』のご紹介。
この機械(手動)は、材料の端をトメ(45度)に切り落とすために使用します。
たとえば箱を作る場合、トメで切って合わせれば。周囲に材料の木口が出ませんよね?
特に塗り物の場合、木口は漆を吸い込んでザラついてしまいます。
そういう意味でも頻繁に使う道具です。

ただ、このトメ切りの刃、尋常じゃなく切れる烈
そもそも木の目に垂直に切るのはとても抵抗が強いのです。
それを一太刀で、しかもなめらかに切らなければいけないので、かなりの刃の切れ味が要求されます。

まだ父親が健在の時、興味本位でその刃に触れたことがあります。
ほんとに軽~く、軽く触れました。
触れた分、肌に無抵抗に刃が入ってしまいました。
もちろん傷は浅いので大したケガではないですが、正直その切れ味に驚き、呆然としました。
当時の私には、信じられなかったのです。
それ以来、さすがにその刃には触っていません。
その日父親に怒られないように傷を隠して過ごしたのが今は懐かしいです。
心配性で短気な父親でしたので秊


もうお昼ですね。
今日は仕事中ですが、午後から免許の更新に行かせていただきます。
みなさん、午前中お疲れさまでした。
午後からも打ち込めるように、少しでも休養をとりましょう列

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


tome
こうして見るとなかなか迫力があります。

漆を塗る!!

兄です。

今日は漆塗りの中塗り。(正面なので他の部分よりも厚く塗る。)をご紹介します。
下の段になっている部分だけでも4回は
塗り込んであるんですが、正面はこんもり
見せたいのであと2回塗る予定です。


漆をコシ紙でコして、漆刷毛を卸して
塗ります。

今回は簡単な行程しかお見せできませんが
また今度、幾つかお見せできればと思います。

私の塗りはほとんど独学に近いので
基本に沿った、やりかたでないかもしれませんが。

まだまだ色んなことを勉強、経験、想像
しながら頑張っていきたいと思います。


阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


nuri1
漆をこし…







nuri2
刷毛(ハケ)をなじませ…







nuri3
塗るっ。

私の作業場

こんにちは、弟です。

車の中が高温でうなだれてしまいますね蓮
今日も暑い日になりそうです。
相変わらず事務所は自然風で涼しいですが

下の写真は作業場(機械がある方向)の写真です。
二人の木地師が使うには贅沢な広さですが。
規模を縮小する資金もないのでそのままです怜

床は桜。かなり頑丈です。
36年間、ここで職人たちの作業を受け止めてきた床です。
年末にしか磨きませんが、この床に感謝しています。

今この材料・構造で作ると莫大な金額がかかります。

私がここにいることができる限り、守っていきたいと思います。

それでは、今日は短文で失礼いたします。
午後からまた気合いを入れてお仕事に励みます秊

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


sagyouba1

登高座、パテでサビ

兄です。

先日から取りかかりました登高座。
全4セットの内二つ目です。

つなぎ目のひび割れや薄すぎる塗装の割れ
何かに当たって凹んだ箇所などを
サビをして埋めたりかたどっています。

熱湯で洗って、一度中塗りをしてからでないとサビをする箇所が見えてきません。

サビも厚くしすぎると研ぎにくく
塗ってサビ、塗ってサビが何度も繰り返されます。

出来上がったら、また写真を載せたいと思います。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm

tuko2no2
白く見えるのがパテです。
白いタオルを巻いているのは兄です。






toukoko
この登高座がどこまで
綺麗になれるか。楽しみです。

万能且つ危険な道具。。。

こんばんは、弟です。
今日も挽きぬかシャワー浴びてきました(笑
あ、ちなみにお客様のお宅におじゃまするときはちゃんとエアーコンプレッサーでホコリを飛ばしてから伺いますのでご安心ください嶺

意味深なタイトル。
ですが今日も働き者の機械のご紹介です。

昨日に引き続き、今日は『縦切り丸ノコ』です。
こいつは万能で、丸ノコだけでなく、あらゆる寸法の『カッター』も装着できます。

刃物は当たる面積が広いほど、抵抗が強くなります。
よって、幅の広いカッターを使うほど、危険が増します。
4分5厘(15mm程度)のカッターを使うときは要注意!!
小さな材料はとても危なくて切れません。
松のような軟材でも瞬時に弾け飛びます聯怜

怖いですね~

それでは、そんなところで今日は失礼いたします玲

きっと後で兄が投稿しますけど裂

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


tategiri1
働き者の縦切り君。







tategiri2
寸法は様々。

ありがとう。ポンさん

兄です。

私が外回りをしている間に全て
やっていてくれました。  札56枚。

ありがとうポン。

これから研ぎカスをサラシで拭いて
(それだけでも一苦労)

塗りに入ります。

親父がいなくなってから随分、ポンさんに
負担をかけているような気がします。

たまには連休でも取ってもらおうかなぁ・・・。

阿部仏壇製作所 http://www.ab.auone-net.jp/~abe-bu/index.htm


fudatogi2








RIMG0299.JPG

該当の記事は見つかりませんでした。